POSレジHUNTER

HOME > コラム > POSシステムを導入する利点とは

POSシステムを導入する利点とは

ユーザビリティの高い機能を有しているPOSシステムですが、活用することで様々なメリットがあります。
まず第一に店にとって大きい点は、店員にかかる費用の削減です。
システムを導入する前はハンドオペレーションで実施していた売上計算を任すことができます。
したがって、、時間短縮はもちろん、ケアレスミスを取り除くことができます。
さらにバーコードを読み取りますので、レジのための必要な作業が手打ちのケースより断然スピーディーといえます。
来店する客がレジで待機する時間が短縮されますので、ストレスなく買いものができます。
液晶画面がセットされている場合は、レジの待機時間を活用してコマーシャルを実行することもできます。
また、データー数値そのものが残るというのも、非常に大きな利点です。
時間別、或いは年代別それから、気象状態別にチェックすることが出来ます。



POSシステムを用いる上での留意点

大変非常にユーザビリティの高いPOSシステムですが、留意点もあります。
まず第一に、導入で必要となるコストです。
安くはありませんので、実際の店舗のスケールがあまり大きくない場合従業員にかかる費用よりも高くなるケースがあります。
導入にあたって期待出来る売上であるとか、勤怠管理それから、社員の不正防止といったアドバンテージと見比べてみて、いずれが得かをきちんと思案することが不可欠です。
その他として、災害の際に停電が生じた場合があります。
会計、あるいは発注のための必要な作業は全部停止します。
手打ちのレジならば停電においても対応出来ますが、POSシステムはレジ自体を開けることができず、復旧を待つほかないケースもあります。
それに加えて、パーソナルコンピューターを用いたシステムの為、ウィルス、あるいはデータを持ち出されるケースもあります。



POSシステム活用のメリットとは

POSシステムでは、レジ締めをオートマティックに実行してくれます。
その結果、従業員の負担が少なくなり、会計の時間短縮ができることになります。
それに加えて、営業最後のレジ締めの必要な作業は項目毎に管理されているので、どんな人でも容易に実行出来ます。
さらに、データ管理において非常に秀でています。
商品データを読み取ることによって、posシステムにストック品としてエントリーされることになります。
それから、その販売品が何時売れたかをきちんとデータという形で管理下に置くことができます。
この為、販売品ひとつひとつのマーケティング戦略を立案することが可能になり、効果的に販売できます。
それから、posシステムを活用することで、お釣りの額も全部オートマティックに払って貰えるので、払い間違いという事も無くなります。
さらに不正行為も無くなり安全面でも強化されます。

カテゴリー

▲ ページトップへ