POSレジHUNTER

HOME > コラム > POSを有効的に利用する方法とは

POSを有効的に利用する方法とは

 POSとは Point of Saleの頭文字3文字を略称として呼ばれており、日本語にすると販売時点管理というのがいいかも知れません。商品を販売するお店において売り上げの実績を把握することは必須です。POSシステムではレジを通過する商品を品種毎に販売単位で集計します。単に売り上げを計算するだけでは電卓と同じです。
品種毎に販売数量、金額を集計し、いつ、どんな時間帯でどんな商品がどれだけ売れているかを把握することが販売店においては必要です。そこから、商品の仕入れにつなげて、適正な在庫で販売を行うことができ、過剰在庫を減らすことができます。在庫が減ると、スペースが生まれ、有効的な店の売り場、倉庫活用ができます。単に売れ筋商品を把握するのではなく、売り場全体、会社全体を浴することができるシステムです。


POSはレジだけではありません

 POSというとレジというイメージがありますが、レジだけではないのが現在のPOSです。レジは、単にお客さんにおつりを渡すだけの機械ではありません。売り上げ金額、売り上げ商品数を集計しその日のお店の売り上げ金額を算出します。商品の仕入れ、人件費、ガス、電気、水道などの諸費用と連動することで1日の粗利益を算出することができます。企業は決算を早くすることが大切です。年次決算、半期の決算、四半期、1カ月と決算はどんどん早まり早く利益を確定させることが株主、市場には必要です。もちろん、企業経営者にとってはその日が利益があったかどうかをすぐに把握して、経営判断を早くしていくことが大切です。そのため、販売をする企業にとってはPOSのシステムは非常に重要になります。また、在庫などと連動させることで適正な在庫にすることができます。


POSを最大限に活用することで効率が上がります

 POSはレジと連動して、売れた商品と在庫数を管理できます。基本的には、商品についているバーカードを読み取るだけなので、アルバイトの人やあまり慣れていない人でも使うことができます。そして、活用法はいろいろとあり、データの分析ができます。そのお店で売れ筋商品を知ったり、逆に売れていない商品がある場合には在庫数を減らすという調整ができます。しかも、商品によって割引率を設定できるため、特売日なども容易に設定を変更させることができます。もちろん、売上データを分析することによって、顧客満足度を高めることもできます。
もちろん、リアルタイムで更新されていくため、その日の売り上げなども知ることができます。最近は、現金だけでなく電子マネーやクレジットカードにも対応しているため、PSシステムを導入することによって会計計算も面倒な手間を省いて管理できます。もちろん、お店に合わせてカスタマイズもできるため使いやすくできます。

カテゴリー

▲ ページトップへ