POSレジHUNTER

HOME > コラム > 販売管理にはPOSシステムが欠かせません

販売管理にはPOSシステムが欠かせません

 大手スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでは、活用されているシステムのひとつにPOSシステムがあります。商品ひとつひとつの販売動向を管理することで、今何が売れているのか瞬時に知ることが出来ます。
またカラーやサイズなどの細かな分析も可能ですので、販売数伸びているアイテムを拡大し売れてないアイテムの縮小などタイムリーな対応を行うことが出来ます。このシステムの重要性は、企業の大小や業種には関係ありません。どのような業種でも販売動向の把握は必要ですし、中小企業こそ効率的な運営を行うことが重要になってきます。POSシステムを提供している企業も多くありますし、飲食業や美容業に特化したシステムを提供している企業もあります。自社の必要としているサービスをしっかりと見極めることが重要になってきます。


POSは現代の商品管理に欠かせないシステム

 数千から数万点の商品管理が必要となった現代社会において、POSシステムは欠かせない存在となっています。登録済み商品であればひとつひとつの売り上げが確認でき、適正発注や賞味期限対策にも活用可能です。POSはインターネット回線を使用して接続しているため、販売店だけでなくネットワークでつながれた本部や支店でもデータが確認できます。
例えば、本部がリアルタイムの売れ数を確認し、その場でタイムセールや価格変更の指示も可能です。この場合は本部スタッフの常駐や派遣をせずに済むことから、人件費・燃費の削減や有効活用が実現します。ソフトやアプリとしてインストールできる点にもPOSの特徴があり、アップデートで常に最新状態が維持できるため、機器の買い替えコストも抑えられます。通常は利用側の都合でプランが選定でき、オプション機能は必要な分だけのチョイスが可能です。


POSを利用した在庫を減らす方法

 POSシステムとは、販売時点販売管理(Point Of Sale)という頭文字3文字からできた言葉です。販売点においてはレジと一体化しています。レジを通過する商品について、販売数量、金額を集計します。
1日にどれだけの商品がどれくらい売れたかがわかります。このシステムがあることで社内の在庫を減らすことができます。1日にどれくらいの商品が売れたかが正確に把握できる、過去の履歴も把握できることで、商品の最適な在庫を決めることできます。商品ごとに発注するポイント、数量がPOSから算出することができるでしょう。発注するリードタイムがありますので、過剰に在庫を持つ必要はありません。在庫はある程度の安全を見越した最小限の数量に抑えることができます。在庫を減らすことができれば、商品より現金を持つことになりお店の健全化につながります。

▲ ページトップへ